ブログテーマを賢威からSANGOに変えたたらアドセンス一発合格した

記事を書いてはアドセンスに申し込む→落ちる

これを何度も続けて正直「疲れた」という人いませんか?

 

何十の記事を書いて落ちる人もいれば

4記事で通る人もいたりでGoogleの審査の基準はどこにあるのか

疑問に思う人もたくさんいると思います。

 

どうすれば通るのか?

記事の質なのか?

記事の量なのか?

 

実は私はテーマもちょっと関係しているのではないか?

と思うようになりました。

 

なぜならタイトルの通りテーマを

賢威からSANGOに変えただけで通ったからです。

 

変更に伴い記事は書いてません。

 

もちろんこれが正解だ!とは言い切れませんが、

変更しただけで通ったのなら何かしらの意味があったように思います。

 

というわけで私が変えたSANGOについてお話したいと思います。

 

SANGOって何?

サルワカさんという方が作った有料のブログテーマです。

お値段は10,800円

とにかく画面を見ることにストレスを感じない

テーマは見ていて長居したくなります。

そして何よりも扱いが簡単!

賢威時代はCSSとかわからないのに頑張って情報を集めて見よう見まねで

改造したら画面が真っ白になったことは数えられないくらいありました。

 

そして、それだけ苦労したのに出来上がったページを見ても

「なんだかなー」と納得行かない感じに…

 

時間かけて頭使って、疲れた体にムチうってw

出来上がったのがこれかよ…

そう思ったら

だんだんサイトの更新も右肩下がりに…

 

しかし、SANGOはデフォルトの段階ですでに見やすいw

広告の配置もびっくりするくたい簡単です。

そしてサイトのカラーリングが爽やかで見ていて本当に気持ちよいです。

どんな人にSANGOはオススメか?

これからアフィリエイトやブログにチャレンジする人

 

これからブログやアフィリエイトをやっていきたいと思っている人は

ユーザービリティだなんだなとサイトを見やすくすることはとても重要です。

 

でもユーザービリティよりも前に

 

自分が楽しいと思うサイトでない続けられない!

と私は思っています。

 

サイトのデザインに我慢しながらやってもやっぱり楽しくないですよ。

自分がワクワクドキドキするものは必ず他人に伝わります。

デザインからもらえるのって本当に良いことだと思いますよ。

 

事務的にやっているサイト作りってどこか質素な感じがして

暖かみがないんですよね。そういうサイトをみると

「あっこの人もの売りたいだけの人なんだなー」ってすぐに見抜かれます。

 

色の印象一つで人の行動が左右されるのは当たり前の話です。

ポップな色使いやデザインのサイトはそれだけで楽しそうな印象を

与えることができます。

初心者でHTMLやCSSの知識がない人

しかしやっぱり少しはデザインにこりたいと思う人はいると思います。

しかしそこで出てくるのがHTMLやCSSの知識

正直そんなこと覚えたくないし、私は記事に集中したい

という願いをSANGOは聞き届けてくれます。

 

とにかくカスタマイズの量が多いのに、CSSやHTMLを使う必要がないのには

驚きました。

さきほども書きましたが、賢威のときはわからないなりにCSSを触って

画面が真っ白になり何度涙したことか…

 

SANGOにはカスタマイズ専用のサイトがあってそこをみればほぼ

サイトのデザインによるカスタマイズはわかります。

難しいCSSとかは出てきませんw

 

これは初心者やコードアレルギーwの人にとっては本当にありがたいです。

https://saruwakakun.com/sango/

簡単にサイトが作れる方法を探している人

びっくりするくらい簡単ですw

そして当然のことながらSEO対策は100%何もやっていないテーマとは比べもんになりません

まぁ最近でSEO対策されていないデザインは基本的にありませんが、

それでも、賢威からSANGOに変えて数日したらいままで上位に表示されなかった記事が

上位に表示されるようになったのがやはりSANGOのおかげのように思います。

 

女性向けや子供向けのサイトを作りたいと考えている人

女性必見の可愛さですw

女性ユーザーが多く使っているのを見かけるのも納得です。

ですが、決して男性が使えないわけではありません。

開発は男性ですし、男性のユーザーもたくさんいます。

 

またポップなデザインと色の使い方は子供みていても

楽しめるサイトになると思います。

 

バリアフリーデザインではないですが、

子供が楽しめるサイトは老若男女に問わないサイトであるとも言えます。

 

拡張テーマがなくてもSANGOの使い勝手は100%ですが、

PORIPUを入れることで120%いや150%使い勝手が向上します。

正直4,800円は安いです。

インフィード広告などの広告をいれるのもただコードをコピペして

指定された場所に打ち込むだけです。

CSSなどを触る必要はまったくありません。

アドセンス一発合格の理由

テーマを変えて冗談半分で申し込んだたら通りました。

以前つかっていた賢威は特にカスタマイズはしていません。

そして今回のSANGOも当然カスタマイズはしていません。

 

ただテーマを変えただけです。

 

確かにSANGOの方がデザイン的にユーザービリティが高いような気がします。

しかしそれだけで本当に通るか自分の中で疑問が残りますw

 

しかし取った事は間違いないので、

「記事をいっぱい書いても通らない」という人の選択肢の一つとして

SANGOを使ってみるというのはありかもしれません。

 

でも「テーマ変えたのに通らねーよ」というクレームは受け付けませんw

あくまで自己責任でお願いします

 

おわりに

いままでずっと賢威を使っていました。

記事を書くたびにグーグル・アドセンスに申し込む→落ちる→申し込む

これを繰り返していました。

 

正直疲れました。

そもそも賢威の無機質な感じのテーマもモチベーションを上げることができませんでした。

そこで色々とテーマを見ていたら好みのテーマ発見!

それが「SANGO」でした。

 

早速使ってみてふと思いました

「これでアドセンス申し込んだら通るかな?」

 

結論は通りましたw

 

テーマを変更するだけでアドセンスが通るなんて思わなかったです。

もちろん何かしらのGoogleさんのタイミングと合致したのかもしれません。

SANGOに変えたのに「アドセンスとおらねーよ」という人もいるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です