もう悩まない!アドセンス収益を作れる簡単なブログの書き方

ブログ作ってアドセンス審査も合格して収入を作るために必要なのは

当然ブログを書くことですが、「何を書けば一番良いのか?」という話になると思います。

以前も書きましたが「誰かの役に立つ、誰かの悩みを解決する」これがグーグルが支援するブログです。

詳しくはこちらにも書いてあります。

2019Googleアドセンスの審査受かるための方法と考え方

 

しかし、では書きましょうと言っても「何を書いたらいいのかわからない」というのはもっともな話です。

上記のブログで紹介したのは

「衣食住」「職健金」
職は仕事
健は健康
金は金
これらの悩みを解決するブログが鉄板です
この他にもテーマとしては
  1. トレンドネタ
  2. 家電製品
  3. IT&ライフハック系」
  4. 健康
  5. 書籍レビュー
  6. 地域ネタ
  7. スポーツネタ

こんな感じでいくらでも上げられます。

では、そこからどうやって書いていけばいいのか?という疑問です。

その疑問を解決するのがフォーマットです。

タイトル

書き出し

見出し

あとがき

 

どういうことか詳しくみていきましょう。

フォーマットを決める

アドセンス収益を上げているブログの9割以上のブログには共通点があります。

それはフォーマットです。

具体的なフォーマットは

タイトル

書き出し

見出し1

見出し2

見出し3

あとがき(最後に)(まとめ)

 

これです。

たったこれだけです。これ以外のことは何もやっていません。

タイトルは31文字

これはgoogleで検索した結果したらいろんなブログのタイトルが見ることができます。

しかし、この時全て表示できるのが31文字と言われています

 

ですが、では31文字をオーバーしてはいけないのか?

というとそうではありません。

実際かなりオーバーしているタイトルもよく見かけます。

 

しかし「パッと」見てそこに何が書いてあるかわかるタイトルというのは

クリック率が高いです。

 

クリック率とは「悩みを解決してくれる可能性がある行為」と言い換えてもいいかもしれません。

書き出しについて

「ブログ作ってアドセンス審査も〜今日はそこを解決してみましょう」これが書き出しです。

このブログには何が書いてあるんだろう?

私の悩みはこのブログで解決できるのだろうか?

探している情報はここにあるのかを説明します。

 

このとき書き出しを書く時のポイントは

結論を全て書いてしまうことです。

 

「そんなことしたらそこから読まれなくなるじゃやないか!」と思うかもしれませんが

そうではありません。

結論と言っても長々と書くのではなく端的にまとめた言葉を載せるというイメージです

 

その疑問を解決するのがフォーマットです。

タイトル

書き出し

見出し

あとがき

 

こんな感じですね。

つまりこれでわかる人にはこのブログは必要ないので、即退場してもらうか

他のブログ記事に誘導してあげたほうがその人のためです。

 

何度も言いますが、ブログが誰かの悩みを解決したり相手に楽しい時間を提供できるものでなくてはいけません。

無意味に文章を長くしてもそれはユーザーのためにはならないということを理解しておきましょう。

 

だからこそこの書き出しでとにかく「今回の記事の魅力を端的かつ魅力いっぱいに伝える必要があります」

この書き出しだけでもビジネスが成り立つくらい奥が深い分野ですが、最初からそんな魅力いっぱいの書き出しは作れないです。

ですから、大切なのは

このブログに書かれていることは何か、

それを解決することで得られるメリット(または解決しないことのデメリット)

に絞って書き出しを考えてみるといいでしょう。

見出しを決める

これはブログのタイトルのつけたによって少し異なります。

例えば、タイトルで悩みを具体的にあげている場合はそれが見出しになります。

 

よくあゝる「「芸能人の名前」顔写真や出身高校は?彼氏や兄弟はいるの?」

みたいなタイトルの場合はタイトルの疑問を解決することがブログの記事のコンテンツなので

この場合の見出しは

顔写真はあるの

出身高校は?

彼氏の存在は?

兄弟は?

これらが見出しになり、それらについて調べたことを書くということになります。

 

ですが「もう悩まない!アドセンス収益を作れる簡単なブログの書き方」という場合は

タイトルに見出しの要素はありません。

この場合はその具体的な内容を書き出しに書いてそれについて

具体的に述べることが見出しになります。

今回の記事でいうと

  1. フォーマットを決める
  2. タイトルは31文字
  3. 書き出しについて
  4. 見出しを決める

 

これが見出しです

 

さて見出しをより効果的に見せるために画像があるとよりインパクトがあります。

実はこの画像の使い方は実はgoogleは「よりオリジナリティがある」という評価を下す一つのポイントになっている

という話もあります。

 

画像はフリーサイトのものを使うのもOKです。

ワードプレス ではpixabayというプラグインを使うことでクオリティの高い

画像を使うことができますが、正直みんな使っているのでかなりマンネリ化があります。

 

しかし決して画像を使わないとだめというわけではありません、

やはり文字だけのブログよりある程度画像が入っている方が雰囲気も良くなるので、

見出しの下に画像をつけるような演出はあった方がいいと思います。

 

見出しは多ければ多いほどいいわけではなく、

いかに悩みを悩みを解決してあげられるかが最大のポイントになります。

 

長い時間をかけてブログを読んでもらうことでgoogleはあなたのブログを高く評価してくれますが、

ユーザーからは「少しでも早く悩みを解決したい」というgoogleとはちょっと反対な行動をとりたがあります。

 

だからこそ長すぎないようにまとめて、

なおかつ、わかりやすく、することが大切です。

 

そしてもし長くなりすぎると感じたら、ブログを分けることでユーザーの読みやすさを作ってあげます。

ユーザーは「ここは良いことが書いてあるなー」と思ったら他のブログも読みたくなります。

 

 

書くときに大切なのは、

あなたが自分のブログを読んで「よかった」と思えるかどうか?

常に他人の目線で記事を書くことが大切です。

最後に

もう悩まない!アドセンス収益を作れる簡単なブログの書き方

どうでしたか?

 

タイトル

書き出し

見出し

あとがき

 

これがアドセンス収益を上げるためのフォーマットです。

 

ではこれが良いのか?という疑問を持った人のために簡単に説明すると

実はこれ書籍の作り方と同じなんです。

 

ビジネス関係のHow to本と呼ばれる書籍は全てこのフォーマットです。

そしてこれがもっとも効率が良いフォーマットだからこそ、googleも評価してくれるわけです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です