2019Googleアドセンスの審査受かるための方法と考え方

 

アドセンス広告で収益を上げるためにはGoogleアドセンスアカウントを取得して審査に通らなければいけません。

Googleアドセンスの審査は毎年少しず変わっています(審査の基準が厳しくなっています。)

今までネットで紹介されている方法が必ずしも通じるわけではないということを知っておく必要があります

今回は最新2019年のアドセンス審査について調べてみたので、

これからアドセンスブログを始めようと思う人は参考にしてください。

アドセンス広告について

Googleアドセンスとは広告をブログに置いて、ユーザーがクリックすることで収益になるサービスのことです。

この広告はGoogleがあなたのブログが広告をおくのにふさわしいかどうかを調べます。

 

これが俗にいうアドセンス審査というやつです。

 

審査の難易度には例年変わっており、難しくなったというときもあればそうでないときもある

実際その審査の基準を我々は知ることができません。

ですが、審査合格の方法の大前提はユーザーにとってそれが有益な情報になっているかどうか?

ということです。

Googleアドセンス審査申請に必要なこと

Googleアドセンス審査に絶対必要なものそれは

ブログです。

これ無くしてアドセンス審査には申請すらできません。

大事なのは、

  • ブログはオリジナルドメインを
  • レンタルサーバーを契約後、
  • WordPressをインストールしてあること

 

ということです。

 

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

めっちゃ簡単!アドセンスブログを始めるサーバー契約の方法(図解あり)

 

では上記の準備が整えば申請できるのか?という話ですが、そういうわけではありません。

買いてあるブログの内容が当然一番の審査対象です。

3.Googleアドセンス審査に合格するブログとは?

どんな内容が通りやすいか?

これには明確な基準があるわけではありませんが、。

 

基本は「世の中に必要とされていて悩みを解決できるブログ」これが

一番通りやすいブログです。

世の中で万人が困っていることとはなんでしょう?
わかりやすいのは「衣食住」です。
次に「職健金」これは仕事、健康、金となります。
この「衣食住」「職健金」から困っていることを連想してそれを解決できるブログ
googleが求めているブログです。
なぜか?
それはgoogleで検索するときは「悩み」を解決したいという願いが前提になっているからです。

これらをまぜこぜで書くのも悪くはないですが、

できれば審査の段階では一つに絞ったほうが、googleはの審査は通りやすいと言われています。

 

しかし調べた内容は言ってしまえば「誰にでもできること」つまり同じ文章になる可能性が高いですね。

似たような文章はgoogleは「良いブログ」とは思いません。

 

ここでのポイントは調べたことに対して自分の意見をはっきりということ。

これができているとgoogleは「オリジナリティのあるブログ」という評価し、

審査が通りやすくなります。

 

記事は1000〜2000文字以上

記事数は10〜15記事というのが一般的にですが、

必ずしもこれが正解とは限りません。中には4記事で通ったという人もいますし、

100記事書いても通らなかった人もいます。

 

そして大事なのは申請して終わりではなく、審査に通るまで記事を書き続けます。

当然、googleは常にウェブ上のブログを見に来てい流ので、

審査に通るだけのブログではない「悩みやを解決することを目的」としているブログかどうかが

そこで見極められるとも聞きます。

 

どちらにしてもアドセンスで長く収益をあげようと思えば、

申請しておしまい とはならないはずです。

4.Googleアドセンス審査申請で書いてはいけないブログとは?

これを書いたら絶対通らない内容があります。

 

  1. 誹謗中傷コンテンツ
  2. 成人向け(アダルト)
  3. 違法ギャンブル
  4. コピーコンテンツ(オリジナル性の低いコンテンツ)
  5. アルコール・タバコ・薬物関連のコンテンツ
  6. 爆弾・花火等の製造販売に関する
  7. 武器関連のコンテンツ
  8. 傷口等の掲載
  9. 暴力的なコンテンツ
  10. Googleの関係企業のような表示
  11. Googleアドセンスの収益額の不正確な表示
  12. Googleアナリティクスのアクセス数の公開
  13. 虚偽情報や誇大広告の表示
  14. アフィリエイト情報発信コンテンツ
  15. アフィリエイトメインのサイトへのアドセンス広告の掲載
  16. トラフィックエクスチェンジの利用
  17. 情報商材の紹介や取り扱いサイトへのリンク設置
  18. ポイントサイトの紹介やリンク設置
  19. 投稿動画のダウンロード方法等の掲載
  20. 著作権違反動画の埋め込み・リンク設置

よく「どこまでセーフか?」という話を聞きますが、

セーフも何もこれらを連想すること自体アウトだと思ってください。

そもそもここに書かれていることは誰かの役に立つことではありません。

それを考えればこの中からわざわざ記事を書く必要はどこにもありません。

 

最後に

2019Googleアドセンスの審査受かるための方法と考え方

どうでしたか?

 

審査基準のレベルが変わった変わらないで書く記事の質を考える必要はありません。

ポイントは

 

客観的な事実を主観的な解釈で書く

 

これが一番大切です。

 

もう一度言います。

 

客観的な事実を主観的な解釈で書く

 

1 COMMENT

旅行ブログでアドセンス審査!「価値の低い広告枠」から5記事で合格するまでの対策法(2019年6月版)-エグたび にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です