Googleアドセンス審査でNGな画像の使い方

 

GoogleのAdsense(アドセンス)審査の際に注意したいのが画像の使い方です。

ブログで広告収入をするにはGoogleアドセンスの審査に通らないことには始まりません。

しかし、審査は厳しく万全な準備をしても落ちてしまうことも多いです。

 

審査の際に注目されるのは記事です。

果たしてこれが「ユーザーのためのものか」

単なる「お金もうけだけのための記事か」こんあたりをどうグーグル先生が考えているかわかりませんが、

そこには「オリジナリティが溢れてユーザーのための記事」というのが重要視されます。

 

さて、審査はそこだけかというと実は「画像」についても審査があるという話があります。

 

そう、芸能人などの肖像権に関する画像の使用の良し悪しです。

今日はその辺りについてお話ししたいと思います。

 

アドセンス審査に画像を載せるのはOK?

噂の領域が出ない話でしたが、アドセンス審査の際に使用したら合格できないという説がありましたが、

これはどうやら都市伝説だったのかもしれませんね。今では画像を載せても審査には問題ないと言われています。

 

違反コンテンツの画像はNG

 

GoogleはAdSenseプログラムポリシーがあります。

一言で説明すると「広告を載せるにあたっての守って欲しいこと」です。

私の言葉は非常に穏やかなものですが、守れない場合は審査に通ることはありませんし、。

合格後には即刻停止という厳しい処分が待っていたりするので、

 

絶対守るべきお約束として認識してください。

[cc id=156 title=”目次移動”]

 

禁止コンテンツとは

プログラムポリシーの中で特に注意するのが記事の内容です。

これが一つでも含まれているとアウトだと思ってください。

 

アダルト コンテンツ
危険または中傷的なコンテンツ
危険ドラッグおよび薬物に関連するコンテンツ
アルコールに関連するコンテンツ
タバコに関連するコンテンツ
ギャンブルとゲームに関連するコンテンツ
ヘルスケアに関連するコンテンツ
ハッキング、クラッキングに関連するコンテンツ
報酬プログラムを提供するページ
不適切な表示に関連するコンテンツ
衝撃的なコンテンツ
武器および兵器に関連するコンテンツ
不正行為を助長するコンテンツ
違法なコンテンツ

 

さてこれらを直接的に関係する記事はおろか、関連するような内容でもアウトですが、

問題はこれらに関連しそうな画像も不合格の原因と言われています。

 

さて、この中でグレーゾーン的な扱いになっているのがアダルトコンテンツです。

理由はわずかな露出画像がアダルトコンテンツとしてグーグルが認識する可能性がある ということです。

昔アイドルのトレンドブログを書いている時、全身水着姿の写真を載せたら、速攻でグーグル先生がやってきましたw

そして今度はバストショットにしたら、しばらくは治まりましたが、やっぱりグーグル先生がやってきましたw

最後は顔だけになりましたw

 

ただ、風景画像の中で遠くに写っているような水着写真だったらオッケーだったケースもあるので、

どこまでがグレーゾーンなのかわかりませんでしたね。

 

審査に合格した後でも禁止コンテンツを使ったら即刻怒られる画像を

審査の段階で使用する必要はないです。

 

 

著作権で守れている画像は使わない

AdSenseプログラムポリシーには、下記のような著作権に関する規定があります。

著作権法で保護されているコンテンツを含むページには、

AdSense サイト運営者様がそれらのコンテンツの表示に必要な法律上の権利を有していない限り、
Google 広告を表示することはできません。
これには、著作権で保護されているコンテンツを直接掲載しているページ、
著作権で保護されたファイルを提供しているページ、著作権で保護されたコンテンツを含むページへのリンクを掲載しているページが含まれます。

 

まとめると、

著作権で保護されている文章や画像は使った場合Googleアドセンスの広告を表示できない

ということです。

 

つまり、審査の段階でこれらの画像を使うということはNGということです。

 

では著作権に違反しない範囲の画像とはなんなのでしょうか?

 

芸能人の画像について

芸能人の画像は著作権的にどうなのか?

 

結論からいうと基本的にはアウトです

 

しかしたくさんのブログで芸能人の画像を見ることがあるのだけど????

 

写真の著作権に関しては日本写真家協会のホームページでまとめられています。

 

では使ってはいけない芸能人の画像があふれているのはどういうことか?

考えられる理由は二つ

1、きちんと使用許諾を取っている。

2、グーグルが確認できていない。

 

著作権とは使用料を払えば誰でも使うことができるものです。

テレビやラジオで音楽を流すとその使用料としてアーティストに支払われるお金と同じです。

 

つまりブログであっても使用料きちんと払えば使わせてくれるケースもあります。

しかし、そんなことをしているブログは皆無でしょうw

 

そしてもう一つ、グーグルが確認していないということです。

 

世界中にある数兆というウェブサイトからどれが著作権に違反しているどうかを確認することはかなり困難です。

ただ将来的にはそういうシステムが確立されていく可能性もあります。

 

しかしもし、芸能人の所属事務所から警告、またはGoogleに削除要望があれば、当然

その画像を使っているサイトは即座にグーグル警察の摘発に会うことになります。

 

どうせわからないんだから使っちゃえ!的な使い方はNGです。

どっちにしてもアドセンス審査の段階では避けた方が賢明です。

 

画像の加工もNG

そのままの画像がダメなら「加工しちゃえばいいやん」という知恵を働かせたくなるかもしれませんが、これもNGです。

ここのグレーゾーンはイラストです。芸能人などをイラストにしていますが、

写真と見間違うレベルのイラストにしてしまったらアウトです。

 

さてここでのグレーゾーンは

ロゴやアイコンの画像は使用Oについてです。

ロゴやアイコンを他の画像と合成しているケースです。これも基本はNGです、

ただ、いかにもわかりやすいアップルのロゴやマイクロソフトのロゴはかなりの確立でアウトですが、

マイナーなロゴの場合はグーグルが見逃すケースがあります。

 

実際見逃しているのか、それともグレーとして認識しているのかわかりません。

 

著作権で守られている画像を加工し自分で作成した画像のように見せても、著作権は元の画像の著作者のものです。

 

画像を二次加工した場合の著作権の扱いについては、

先ほどの日本写真家協会のホームページの「3.二次的著作物」にて詳しく書かれています。

 

3.二次的著作物

音楽の場合没後50年で著作権は無くなります。

クラシックをめちゃめちゃに変えて演奏してもなんら問題はありません。

(TPPで没後70年にするという話が上がっていたような気がしていますが)

ただ画像については、今ある著作物をもとのものとは別のものに変えるような変更は基本認められていません。

 

しかし世の中には元の作品のイメージを大きくかけ離れた公序良俗に反するようなイラストにして

メーカーが訴えるケースもあリます。

 

そのようなケースの画像の使用は当然グーグル先生も認めませんので、NGです。

 

最後に

Googleアドセンス審査でNGな画像の使い方

どうでしたか?

 

色々と書きましたがポイントは

 

  • Googleの禁止コンテンツ
  • 著作権法に違反していないか

この二つです。

この二つを守っていれば、画像の使用におけるNGラインはクリアできていると思っても問題ありません。

 

しかし一番の審査はやはりコンテンツ(記事)だと思われます。

ユーザーのためになる記事を目指して頑張って書いていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です