簡単オススメ!アドセンス収入でお小遣い5桁アップの生活の始め方

「文字を書くだけで収入が得られるものがある」

本当だったら、「私にもできる!」と思っている人たくさんいるかもしれませんね。

 

ネットにはいろんな収入方法がありますが、一番簡単で一番難しいのがブログにおける広告収入だと思います。

 

ブログとは自分の好きなことを書きそれをネット上で公開すること。

 

そしてそこに企業の広告を貼ることでその広告収入を得られることでできる

それがGoogle AdSense(アドセンス)という広告収入システムです。

 

「好きなことを書いて、お金もらえるなんて最高だ!」と思う人いるかもしれませんが、

いきなり誰でも収入を作ることはできません。そんな美味しい話はありません。

しかし、続けていくことで、確実に5桁の収入を得られるようになるのはそれほど

難しい話ではありません。

 

その期間は3ヶ月という人も言れば3年かかる人もいます。

3ヶ月の人は寝る時間も惜しんで、文字を書き続ける人と思ってください。

でも、もっとゆっくりと考えて1年くらいである程度5桁に近づくことは可能です。

 

今日はその広告収入が得られるアドセンスというシステムについてお話しします。

 Google AdSense(アドセンス)

最初にも軽く触れましたが、『Google AdSense』は Google が提供している広告配信システムのことです。

あなたのブログに広告を貼ることで広告収入が得られるというものです。ブログに広告コードを貼り付けることで

あなたのブログを見にきたユーザーに興味がありそうな広告が自動で表示されます。

 

よく誤解される人がいるのですが、広告の内容は「見にくる人にできる限り最適になっているもの」出会って、

あなたが見ているブログに表示された広告と、他の人が見ている広告は違います。

 

これは、そのユーザーが今まで見に行ったサイトや検索したワードから、推測しているからできるのです。

 

その広告をクリックしてくれたらあなたに「広告料」としてお金が支払われます。

その価格の1円〜何千円というものまで幅が広いですが、平均すると大体30円程度と言われています。

「なんだ30円か?」と思われるかもしれませんが、もし毎日1000人の人がブログをきて

1%の人が広告をクリックすると30X10で300円となり、一ヶ月で9000円近くになります。

年間にすると108000円です。

今銀行の金利は0.01%から高くても0.1%です。

年に0.1%の利息で108000円の利息を手に入れようと思うと単純計算で108000000(一億以上)の預金が必要になります。

 

そして当然のことながらこの利息は元本が増えることがない限り増えません。

 

しかしアドセンス広告では、記事を書き続けばたくさんのユーザーがあなたのブログにやってきて

広告を見ることになります。そうなると広告をクリックされる確率も増えていきます。

そうなるとあなたに支払われる広告料は増えていきます。

 

ある程度の記事がたまれば、何もしなくても定期的に広告料が支払われるようになり

不労所得に近い収入を得られます。

 

支払われる最低金額

報酬は一定額以上(最低8,000円)で指定した銀行口座に振り込まれます。

支払額は自分で設定することも可能です。

アドセンスを始めるには?

Google アドセンスを始めるには、Web サイト/ブログを用意する必要があります。

アドセンスに申し込みをするにはコンテンツがあるサイトを所有しておくことが条件です。

 

「ブログは無料で始められる」という話を聞いたことがあるかもしれません。

ブログ自体は無料でも始められます。

ただ、ドメインと言われるものは有料のものでないとアドセンスの申し込みができないと言われています。

 

ドメインとはネットにおける住所です。

世界には何兆というサイトが存在しているそうですが、同じドメインは一つもありません。

この住所の上にあなたのブログを展開できるということ、つまり土地の上でお店を開くようなものですね。

さてこのドメインはレンタルサーバーで取れるものもありますし、ドメインだけ取得できるお名前.comというようなサービスもあります。

これもレンタルに近い概念で月々数十円から数千円程度の使用料が必要になります。

 

ただ住所だけ(ドメイン)獲得してもお店は開けませんね。

 

 

そこで住所の上にお店を建てる(ブログ)のに必要なのが

レンタルサーバーです。

レンタルサーバーとはレンタル費用を支払って借りるお店の外観みたいなものです。

ブログ(お店)

記事の内容(お店の種類)と思ってください。

 

 

ここで一旦まとめます。

 

アドセンス広告を申し込むためにはコンテンツ(Webサイトとドメイン)を持っておく必要がある

ドメインとはネット状における住所のことである。ドメインは月々に数十円から数千円程度支払って使う

お店(ブログ)の外観となるものはレンタルサーバーを使用する。こちら月々1000円〜の使用料が必要。

 

アドセンスには審査が必要

全てが用意できたら、グーグルにアドセンス広告の申し込みですが、

ここが最初のつまづきになるでしょう。

なぜなら「申し込めば誰でもアドセンス広告を使えるようになるわけではない」からです。

ブログの記事がユーザーにとって有益な情報ではないと判断されたり、

独自性のないコンテンツと判断されると不合格となります。

 

なぜ審査が必要か?

あなたのメディア(ブログ)が広告を出すのに値するか?どうかです。

 

あなたが広告を出す側の人間になって考えればわかりますが、

公序良俗に反しているブログにあなたはお店を出したいですか?

そんなことをした企業のイメージが悪くなってしまうと思いませんか?

 

少しでも多くの人が見にくる健全なブログにこそ企業は広告を出したいと思うのは当然ですね

 

審査の基準は定かではありません、ネットでも色々なアドセンス合格の記事が上がっていますが、

100%確実な方法は存在してません。

大切なのはコンテンツ!

アドセンスは魅力的です!

とにかく書くことで収益が得られるシステムというのは恐ろしくローリスクです。

しかし、逆を言えば「書くこと=誰でもできる」誰でもできることでの収益を上げるのはそう簡単な話ではありません。

 

アドセンスの収益ポイントはいかに多くのユーザーにサイトを見てもらえるかです。

「またサイトにアクセスしたい!」「記事の続きを読みたい」と思わせられるようなコンテンツがないと

あなたのブログは閑古鳥がなくお店になってしまいます。

 

ではどんな記事なら読んでみたいと思うか?

 

答えは簡単です。

 

悩みを解決してくれることを前提とした記事になります。

 

例えばダイエットに関する記事なら見にくる人はダイエットに悩んでいる人たちです。

給料を上げる方法について書いてある記事を見にくる人は給料について悩んでいる人です。

 

そういう人に向けて記事を書くことが大切になります。

 

「でも芸能人とかだったら昼ご飯を食べただけでもアクセスが集まるよ?」と思う人がいるかもしれませんが、

 

それは記事ではなくその芸能人自体がコンテンツです。

つまりそういう記事を読む人は記事の内容ではなく記事をアップしている人に興味があるから

その記事は読まれるということです。

 

でも言い換えるとあなたも何かしらで有名になりあなたのファンができたら、そういう記事も

読まれるようにはなると思いますが、最初からそこに労力を費やししても読まれることがないのは理解できると思います。

 

最後に

簡単オススメ!アドセンス収入でお小遣い5桁アップの生活の始め方

どうでしたか?

 

最初のハードルは確かに低いとは言えません。

しかし、ユーザーのための記事を描き続ければ必ず

アドセンス審査は合格します。

一日1記事を一年間描き続ければそれだけ収益を上げられる可能性があるのがアドセンス広告です。

 

この記事が「アドセンスって何?」「書くだけで収益になるの?」と思って

悩んでいる人の参考になれば嬉しいです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です